塗装と季節を勉強しよう

塗装は湿度も重要?

塗装は湿度も重要? 住宅の塗装を行う際には、湿度も考慮する必要があります。
85%以上だと塗装を行うのは控える方が良いとされています。
湿度が高いと塗料がきちんと乾燥せずに、仕上がりが悪くなってしまうことがあるからです。
状況が悪い場合には、もう一度塗装をやり直さなければいけなくなることもあります。
せっかく行っても不具合が生じてしまうと勿体ないので、85%以上になる日には工事は行わない方が良さそうです。
特に梅雨時はいつ雨が降ってもおかしくないので、避ける方がベストかもしれません。
比較的天候が穏やかな春や秋に計画するのがおすすめです。
ですから業者を選ぶ際には、天候によって日程を変更してくれるのかをきちんと確認しておく必要があります。
一般的には延長料金などは発生することはありませんが、業者によっては日程を変更すると延長料金が発生することもあるようです。
雨が降りやすい時期に塗装工事を行う際には十分に注意するようにしましょう。

塗装する時は季節や湿度などの天候が大きく影響するので注意が必要です

塗装する時は季節や湿度などの天候が大きく影響するので注意が必要です 外壁塗装をする場合、塗料が乾く前に水に塗れると剥がれや乾燥不良などの失敗の原因になるので天気の良い日に行う必要があります。
雨の時はもちろんですが、雨の降りそうな時も控えるべきで気温が5℃以下や湿度が85%以上の時は特に注意が必要です。
これらの条件で行うと不具合を起こしやすく仕上がりにも影響するので、外壁塗装を行う時は天候には十分に注意することです。
塗料は高温になるほど早く乾燥し、高湿度になるほど被塗面に水分が付着する性質があります。
気温が35℃以上になると塗膜に泡が生じやすくなるので、性能と作業性が低下します。
5℃以下になると硬化が遅くなって間隔が長くなるので、加温が必要です。
湿度が85%以上、気温が5℃以下の条件以外であれば年中塗装は可能ですが、ふさわしい時期があります。
最適な条件と言える季節は春と秋で、春と秋は湿度が低く空気が乾燥しているからです。
気温が10℃から30℃、湿度が45℃から80%の時が塗装に適する天候の適正な範囲になります。

新着情報

◎2019/5/15

サイト公開しました

「塗装 湿度」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@sakura_tubaki_t 湿度が高いと、塗装表面が白く濁る現象が発生してしまうんです

Twitterバイオレンスポテト@violencePotato

返信 リツイート 10:50

ボディの塗装準備完了(^-^) バギーのボディは模様を付けて見よう(^-^) でも今日は湿度が高いから塗装しようか迷い中、、(^-^; 雨最近多いよねー、、 pic.twitter.com/Y6wVlQJgRS

湿度が高い日が続くのでプラモ塗装は出来ないでいる。

結局、余分な方向幕と側灯は削り落としたけど、 湿度が高いので塗装は後日になりそうだ。 (;・∀・) pic.twitter.com/rgwJbSjavZ

Twitterかぶぬしの下僕@kabunusimi

返信 リツイート 9:26

返信先:@ajajataj09585 うわ〜結構シビア💦 しばらくは塗装厳禁ですね_(┐「ε:)_ 自分つや消ししか使わないのですが、光沢トップコートも湿度でかぶるんですか?こわい…

連日のこの湿度、屋外塗装は当分出来ないな・・・

Twitter趣味人(しゅみんちゅ)@shuminnchu

返信 リツイート 6:33

塗装ちょっとやろうと思ったけど湿度エグいしやめとこ

返信先:@not751k 雨と、湿度は、塗装の敵ですからね。

Twitterガンダム二等兵@mSZD0d4o806mrbx

返信 リツイート 0:43

湿度高いと塗装乾きにくいよね〜

返信先:@aoiaeo あー塗装の敵ですね。 梅雨の湿度も…。 速く梅雨あけて欲しいですな(>_<)

Twitter酪王 ハイ・カフェオレ@2ow9gzUjp8OEbSX

返信 リツイート 昨日 22:16